宮崎県食品表示アドバイザー派遣事業

事業概要

 2015年4月1日から新たな食品表示法が施行され、5年の猶予期間を経て2020年4月から完全移行となります。みやざきフードビジネス相談ステーションでは、県内の食品製造業者が新たな食品表示法に対応した食品表示の作成をする際に、食品表示アドバイザーを派遣してサポートを行います。

申し込みができる方

 宮崎県内に主たる事務所又は事業所を有する食品製造業者
(食品製造・加工業、卸小売業、6次化事業者含む)

相談受付できる内容

 加工食品のうち、原則として食品表示法に基づく表示(いわゆる「新表示」)に係る一括表示や容器包装表示などが適切に作成されているかの確認であり、次の1または 2に該当するもの。

  1. 新たに開発した商品や改良した商品の表示案、表示のみを旧表示から新表示に変更するなど、表示作成にある程度の時間を有するものや時間の猶予があるもの。
    ※アドバイザーは訪問後、ご相談者に表示の改善事項等を記載した報告書を作成して送付します。この報告書は他の専門家等のチェックも受けますので日数を要します事を御了承ください。
  2. 卸、小売店等からの依頼に基づく商品点検(「新表示」の商品)。(ただし、点検を受ける商品の表示責任者の了解を得ていること。)

派遣する食品表示アドバイザー

 相談される事業所の所在地等に応じて、7名の食品表示アドバイザーから担当する1名をフードビジネス相談ステーションが決定します。特定の食品表示アドバイザーを希望する場合は、御相談ください。

<注意>食品表示アドバイザーとは、宮崎県が食品表示に関する研修や試験を実施してから選定した者で、公益財団法人宮崎県産業振興機構から委嘱を受けた者です。

利用回数・費用

  • 原則、無料です。
  • 1企業あたり2商品までです。
    ※1回に受付を行うことができる商品数は、1商品です。

手続きの流れ

特記事項

  1. アドバイザーの支援に基づき作成した表示の採否は申込者の責任と判断で行うことになります。その結果生じた問題などの責任は負えません。
  2. アドバイザーは、商品仕様書や配合仕様書、製造工程・製品規格書などを確認します。これらが提示できない場合は、聴き取りを行いながら支援します。
    なお、企業担当者の誤った情報により作成支援した表示についても、その結果生じた問題などの責任をアドバイザーは負えませんので、御了承ください。
  3. アドバイザーは、栄養成分表示に関する計算や相談者が計算した数値のチェックは行いません。
  4. 特定保健用食品・特別用途食品の表示は保健所へ、機能性表示食品の表示は消費者庁へお問い合わせください。
  5. 企業活動を考慮し、支援開始から概ね2か月以内での支援完了を心がけていますので、表示の修正など早めの対応をお願いします。

申込・お問い合わせ先

みやざきフードビジネス相談ステーション公益財団法人 宮崎県産業振興機構
〒880-0811 宮崎市錦町1-10 宮崎グリーンスフィア壱番館3階(担当:福山)
電話:0985-89-4452 FAX:0985-89-4468
Mail:a-fukuyamai-port.or.jp