みやざき設備資金貸付事業

設備資金貸付制度パンフレット


小規模企業者の方や、これから創業しようとする方が、経営革新及び創業に必要な設備を導入しようとするとき、導入資金の1/2以内を無利子でご融資する制度です。

設備資金貸付制度

貸付条件

貸付条件イメージ図

対象設備
  • 経営基盤強化のために必要な設備
    (土地、建物等は対象外です。)
    (注1)
対象企業
  • 小規模企業者
    (従業員20名以下(商業・サービス業は5名以下))
  • 常用従業員数21名以上50名以下
    (商業・サービス業は6名以上50名以下)
    (注2)
貸付額
  • 50万円~2,000万円
  • 「フードビジネス」「東九州メディカルバレー構想」「自動車」「成長期待企業」(注5)関連
    50万円~2,500万円
    (注4)
貸付率 設備代金の2分の1以内(設備本体価格+消費税)
貸付利息 無利息
貸付期間 3年以上7年以内(元金据置は最大6ヶ月)
担保保証人 原則として1人(法人の場合は代表者を含む)で、次の条件を満たす人
  • 県内に居住していること
  • 保証能力を持っていること
担保 不動産担保等
(原則として既存貸付を含め貸付合計額500万円を超える場合)
※注1 中古設備については、原則として対象設備になりません。
※注2 その他諸条件につきましては、当機構にお問い合せください。
※注3 貸付金の償還については、「約束手形」を振り出していただくか、又は口座振替が条件となります。
※注4 事前に当機構にお問い合わせください。
※注5 県の認定を受けた成長期待企業の事業拡大と連携して設備投資を行う場合を含む。
※注6 県内に工場又は事業所を有していること。
※注7 事業税などを滞納していないこと。
※注8 申込対象設備を設置しようとする工場、店鋪などが建築基準法、公害防止条例などの法令に違反していないこと。
※注9 設備は4月1日から翌年3月31日の期間に設置完了できるものとし、設置場所については、県内に限る。
※注10 原則として金融機関などにて取引停止、または公的融資において代位弁済や償還猶予をしていないこと。
※注11 県の認定を受けた中核的企業と取引があり、その中核的企業の事業拡大に伴い設備投資を行う場合。

申請から償還までの流れ

1:申請 指定の申請書に関係書類を添えて直接当機構へ提出してください。
2:実地調査 申請書受理後、貴社へお伺いし、経営内容の調査を行います。
3:貸付審査委員会 原則として毎月1回開催されます。(下旬)。
4:内定 申込企業に内定通知書を送付し、事務手続きについて説明を行います。
5:確認検査 設備導入後、機構の職員が検査にお伺いします。
6:契約 契約手続を行います。
7:貸付準備 不動産担保等の貸付条件がある場合は、履行いただきます。
8:貸付 指定の口座に貸付金を振込みます。
9:償還 貸付実行した月の翌月から、最大6カ月据置後毎月返済となります。(据置なしの場合は翌月から毎月返済)
10:完了検査 貸付後に迎える貴社の決算終了後、設備の設置、代金支払等の確認にお伺いします。
11:償還完了
担当 産業振興課 松岡、緒方

ページの先頭にもどる

Copyright (C) 公益財団法人 宮崎県産業振興機構 All Rights Reserved.